大地震から助かる命をたすける!県産材を活用した室内用耐震シェルター



耐震シェルターとは

地震によって家屋が倒壊した場合でも、局所的な安全空間の確保を目的として室内に設置する、頑丈で大きな箱です。


  壁を増すことなどで家屋全体の安全性能を向上させる一般的な耐震改修とは異なり、耐震シェルターは家屋内の部屋の中に頑丈な部屋(耐震シェルター)を設置することで、地震時の家屋の倒壊から身を守る避難場所を提供します。






耐震シェルターの特長

3つの特長


構成部材のパネル化

また、耐震シェルターの施工については、フレッセが主催する施工者講習会を受講し、受講証を携帯したものしか施工できないようになっていますので安心です。


耐震シェルターの使用例




耐震シェルター仕様書・価格表

本体仕様表
  6畳タイプ 8畳タイプ
 外寸(間口×奥行×高さ)(mm)  3,375×2,590×2,531 3,468×3,468×2,531
 内寸(間口×奥行×高さ)(mm)  3,100×2,315×2,199
(ボードを除く)
3,264×3,264×2,199
(ボードを除く)
 出入口(間口×高さ)(mm)  1,420×1,812 1,020×1,812
 電気設備  既存設置室のコンセント等を移設 ※照明器具等は別途
 注意点  設置面の床工事が必要な場合は、別途工事となります


本体仕様表
  6畳タイプ 8畳タイプ
 梁・土台・柱  徳島すぎを使用
 壁パネル  徳島すぎ(枠材)、構造用合板(面材)を使用
 床パネル  徳島すぎ(枠材)、構造用合板(面材)を使用
 金物  Z金物(耐震適用金物)を使用


シェルター設置条件
  6畳タイプ 8畳タイプ
 必要面積(間口×奥行)(mm)  柱芯で 3,640×2,730 以上
(新間6畳以上)
柱芯で 3,640×3,640 以上
(新間8畳以上)
 天井高※(mm)  2,350以上 ※2,350以下の場合は別途工事が必要
 搬入口(幅×高さ)(mm)  700×1,500 以上
 その他  シェルターと設置室の出入口が同じ位置(中央)にあること


耐震シェルター価格表
  6畳タイプ 8畳タイプ
 基本セット価格  600,000円(税抜)  700,000円(税抜)
 基本セット内容 梁材(徳島すぎ)、柱材(徳島すぎ)、土台(徳島すぎ)、壁パネル、床パネル、金物類等一式 梁材(徳島すぎ)、柱材(徳島すぎ)、土台(徳島すぎ)、壁パネル、床パネル、金物類等一式
※オプション仕様につきましては、和室仕様・杉板張仕様・洋室仕様等がありますので、詳しくは施工業者にご相談下さい。


徳島県の『住まいの安全・安心なリフォーム支援事業』の支援対象です。
求人情報
フレッセ[e-house]
求人情報
イベント開催カレンダー
工事請負契約書ダウンロード
耐震シェルター
全徳島建設労働組合フレッセ/〒770-0005 徳島市南矢三3丁目3-29 Tel.088-632-1351(代) Fax.088-631-5473
Copyright (c) 2009 HURRESSE All RIGHTS RESERVED.